不倫の証拠

不倫の証拠

不倫や不貞行為、浮気などが原因で離婚される方は多いようです。

相手への信頼関係が崩れたまま、一緒に生活していくのは、大変つらいことだと思います。不倫などが発覚しても、そのまま結婚生活を継続される方もいらっしゃるようですが、離婚される方の方が多いようです。

相手の不倫や不貞行為などで離婚するということを選択した場合、裏切られた方は、精神的ダメージが大きく、離婚届を書いてすんなりと離婚というのでは、やはり気持ちがおさまらなかったり、有利に離婚して、新しい人生に進んでいきたいと考えたりするようです。

そもそも、不倫はどうやって発覚するのでしょうか。

目の前で、現場を抑えたという人は、あまりいないかと思います。

不倫は、堂々とやるものではありませんから、相手も十分警戒して行っているはずです。

最近、妻(夫)の様子がおかしい、見知らぬ女(男)から自宅に電話がある、家に帰ってこない日がある、出張と言ったのに、どうやら違うらしい、他の男(女)といるところを見たときいたなど、疑わしい点が出てきて、もしかしてと思い始めるのです。

しかし、疑わしくとも、確証が得られないと、離婚までには発展しないでしょう。

確証を得るために、探偵を雇う人が多いようです。

探偵を探すことはネットでもできます。(参考サイト)

探偵を雇うと、離婚となった場合、証拠の面でメリットになることがあります。

どうゆうことかといいますと、相手の不倫や不貞行為などで離婚になった場合、妻(夫)やその不倫相手に慰謝料を請求しようと考えると思います。

しかし、慰謝料を請求するためには、不倫や不貞行為があったということを証明しなければなりません。

慰謝料請求には、証拠がいります。きちんとした証拠がとれているかどうかで、慰謝料の金額にも影響が出る可能性があります。

その証拠を自分で手に入れようとするのは、大変です。

相手に気づかれないようにしないといけません。相手に気づかれ証拠隠滅されてしまったら、証拠が取れなくなります。

また、いつ不倫するのか分からないので、ずっと追わないといけませんし、時間や手間がかかります。

どういった証拠を取ったらいいのかもわかりません。

ラブホテルの出入りの写真は証拠になり、ビジネスホテルの出入りの写真では、不倫の証拠としては弱いなど、素人には分からない点もたくさんあります。

ですので、やはり、その道のプロである探偵にお任せするのが良いと思います。

いろいろ調べてみましたが、離婚するということは、精神的に辛いうえ、手続きも大変で時間がかかるものだということが分かりました。

自分一人で解決するのは、負担がかかりすぎるので弁護士や探偵などの専門家に相談して、次の新しい人生に前向きに進んでいくのが良いのだと思いました。



CopyRight © 2011 離婚するということ. All rights reserved.

久しぶりの再会
離婚の原因
離婚の仕方
離婚で揉めそうなこと
不倫の証拠