離婚のやり方

離婚のやり方

離婚が成立するまでには、いくつか方法があるようです。

もっとも多いのは、協議離婚というもの。離婚した夫婦のうち、ほとんどの場合がこの協議離婚で離婚しているそうです。

協議離婚とは、話し合いによって離婚を決め、離婚届を提出するというものです。

確かに、身近な人を見ても、裁判までして離婚したというケースは、なさそうです。

話し合いによって離婚がスムーズ(でもないかもしれないが・・・)に決まれば、一番良いのですが、離婚するという場合は、夫婦間で、なんらかの問題を抱えているものなので、そういかない場合もあります。そういった場合は、調停離婚という方法があります。

調停離婚したい場合は、家庭裁判所に申し立てをします。

調停離婚の場合、調停委員に間に入ってもらい、話し合いをするそうです。

協議離婚で離婚に至らなかった夫婦のうち、ほとんどが、調停離婚で離婚を成立となるようです。

調停離婚での話し合いでも、離婚が成立しなかった場合、どちらかの訴えにより裁判を起こすことができるそうです。

判決で離婚が認められて、相手が納得したら離婚が成立となるようです。

相手が納得しなかったら、控訴、上告と進むようです。

離婚が成立するまでに時間や裁判費用も必要になりそうです。

夫婦の話し合いで解決すれば一番ですが、家庭内暴力や虐待、慰謝料や親権の問題など、なかなかうまくまとまらないケースもありそうです。



CopyRight © 2011 離婚するということ. All rights reserved.

久しぶりの再会
離婚の原因
離婚の仕方
離婚で揉めそうなこと
不倫の証拠